SOUGI.com

はじめての喪主でも安心できる葬儀業者の見分け方

後悔しないお別れを

人は誰でもいつかは旅立つ日が訪れます。家族など近い関係性の人とのお別れは非常に悲しいことになりますが、そうした現実を受け入れる最初の第一歩としても、葬儀の重要性は大きいです。心の残りのないように、慎重に業者やプランを決めていきたいものです。

違いを比較!

葬儀式

家族や友人など故人と関係性の深い人がメインとなって冥福を祈る儀式です。さまざまな宗教的な式があります。

告別式

遺族、友人、知人など故人とゆかりのあった人たちが、献花や焼香などで偲び、今生のお別れをする儀式です。

喪主の役割

親や子、配偶者など、親族の中でも最も近い立場の人が亡くなった場合は、喪主を務めることになります。式をスムーズに進行させるためにあらゆる判断をしたり、弔問客に挨拶をしたりするなどいろいろなことを任されます。

臨終から葬儀業者を決定する流れ

臨終

病院での危篤の際には家族が見守るということも多いでしょう。家族が亡くなったあとには、なるべく早く葬儀業者を決めて連絡する必要があります。

葬儀業者に連絡

死亡診断書を病院でもらって業者に依頼したら、ご遺体を指定先まで搬送してくれるはずです。近親者・友人らへも一報を入れておきます。

打ち合わせ

喪主や世話係を決めて、具体的に葬式プランの詳細を決めていきます。日程や場所から始まり多くのことを決定していく必要があるでしょう。

理想的な葬儀を行なうための大切な心得を覚えよう

手

知識を深めておく

いつか来るその日のために、準備しておくことは有益です。人はいつどこで亡くなるかはわかりません。急にそのときが来てもスムーズに対応できるように、日頃から家族間でどんな葬儀がいいかを話し合ったり、評判の良い葬儀業者を調べておくといいででしょう。

花

比較しよう

埼玉であれば頼りになる葬儀業者が多いですが、事前に吟味しておくことでより最適なところを選ぶことができるはずです。インターネットを使えば、比較サイトで効率的に調べることもできます。優良業者の情報を頭の片隅に入れておけばきっと役に立つ日がくるでしょう。そのときになって慌てて後悔するよりも、スマートだといえます。

ウーマン

プロの力を実感

定評のある業者であれば、「任せて良かった」とどの喪主も口を揃えて感謝を述べるといいます。大切な家族を亡くして人生でも大きなショックの中にいるときに、そばに寄り添っていろいろなサポートをしてくれるからです。葬儀業者のおかけで大変な時期を乗り越えることができたと実感するケースも少なくありません。絆を尊重してくれる、信頼性の高い業者を選ぶようにしたいものです。

選んで良かった業者の特徴は?口コミをチェック

質問しやすかったです

初めて喪主をしましたが、当然わからないことだらけでパニックになる私を、いつも優しく諭してくださいました。わからないことは何でも聞いていましたが、説明もわかりやすくて本当にありがたかったです。